悲劇の子達

2009年10月28日夜9時ごろ埼玉県北埼玉郡在住
サモエドのファーギーちゃんが自宅からいなくなってしまいました
チラシを配ったり、新聞に掲載したりしていますが
現在まで何の情報もありません
何か情報のある方はこちらまでお願いします

1日でも早く飼主の方の元に戻ることを願っております
*************************************************************************************************************************

今回はまじめなお話です
c0209932_2244737.jpg




昨夜NHKの『追跡A to Z』という番組でペットの虐待や大量放棄について放送してました

現在日本国内では2600万頭の犬猫が飼われており
その数字は約2世帯に1頭の割合だそうです

その中で年間30万頭の子達が殺処分されている現状があり
その原因について45分間という短い時間ではありますが
色々な面から考えていくべきだと訴えていました



その原因の一つは法整備の遅れがあると言います
捜査体勢の脆弱と刑罰の軽さ
虐待や大量放棄を見つけることすら困難な状況で
なおかつペットは法的に見れば物です
他人のペットを殺せば器物損壊、誘拐すれば窃盗の罪名がつきます
家族同然の思いをもたれてる方からは納得の行く裁きとは思えません
しかも窃盗より器物損壊の方が罪は軽くなってしまいます
つまりは誘拐より殺してしまった方が罪は軽いのです


もう一つは飼主やこれから飼おうとする人達の意識の低さと言います
ある動物愛護団体には毎日のようにペットを引き取ってくれと
電話があるそうです
その一つ一つを説得し、思いとどまらせる努力をしていますが
その数は一向に減らないと言います
吠え癖がひどいから、噛み癖がひどいから
そういった躾に対しての知識や努力の無さ
あとは極端な小型犬志向が途中で飼う事を投げ出してしまう
ことにつながっているそうです

悪意を持った業者がそこにつけこみます
食事を与えず、大きくならない薬を投与する

番組中のインタビューで最も印象に残った一言が
『犬や猫を飼おうとする人達が無知すぎるんです。めいっぱいつけこんでやりますよ』
頭に血が上るのと同時に背筋がゾッとする思いをしました



番組の最後に動物愛護先進国としてドイツが紹介されていました
ドイツではショップでの生体の販売を自粛しており
日本で良く見るケージに入れて店頭で販売する事は無いそうです
直接ブリーダーさんから購入することと
ブリーダーの規則もかなり厳しく制限されているらしく
生後8週未満での母犬からの引き離しは法律で禁止だそうです

その動物愛護先進国でさえ年間5万頭の犬が捨てられていますが
市民や企業からの寄付で動物保護施設が運営され
殺処分は1頭もいないとのことです



国民性や習慣の違いから
ドイツの全てを真似することが良いとは思いませんが
1頭でも不幸な子達が減る事を望んでいます


拙い文章で番組を見た私の思い全てを伝えられないのですが
この番組に興味のある方はNHKオンデマンドで見られると思います
見られる環境にある方は是非見て下さい



最後にいつもムルがお世話になってて時たまこのブログにも登場しますが
殺処分0を掲げてペット用品のショップを立ち上げた
CHARM WAGSさんを紹介しておきます
お近くの方は是非お立ち寄り下さい

c0209932_23442872.jpg




にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
皆が幸せに
by mul0877 | 2010-01-10 23:52 | その他 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://mul0877.exblog.jp/tb/13455220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りょうこ at 2010-01-11 01:54 x
こんな番組を放送してたんですね。
胸がいたむけど、見るべきですよね。。
お試し試聴したら大丈夫そうなので、仕事一段落したら必ず見てみます。
しんどいけど…。

CHARM WAGSさんってそういうコンセプトのお店だったのですね。
今度お伺いしてみます!
今回シェルターのわんこを迎えいれることをしなかった分、何かお役に立てることがあるといいなと常々思うんですが、なかなか実行に移せずにいたので…。
Commented by sammy at 2010-01-11 12:52 x
見てみました。

犬を飼おうと決めた日から、
こういった類の番組は、多々見てきましたが
どれも、日本のペット文化や虐待に対する問題提起としては
十分考えさせられるものですが
では一体、これから日本はどうしていったらいいのか、
それに対するシミュレーションやプレゼン、意見交換などは
ほとんどないので、それが残念です。

この番組をみた、熊本県以外の地方自治体が
我々も、と真似してくれることを願っています。

ドイツには一月ぐらい滞在したことがあるのですが
ペットももちろん、環境、デザイン、
色々な面で勉強になる国でした。
一時は本気で住むつもりだったぐらいです。
まだマルクだったときの話です。

ごちゃごちゃ堅苦しく書いてしまいました。

まず手始めに?ペットショップの陳列、
夜中だけでも、やめてあげてほしい。
そんな小さないっぽからでもいいと思うんです。

難しい問題ですね。
儲けたい人と、無知なオーナー。
完全に負のサイクルですわ。
Commented at 2010-01-11 16:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ろくのお父さん at 2010-01-11 17:38 x
私も見てました。

東南アジアに行くと、放し飼いの犬?たくさんいますけど
やっぱり、怖いです・・・

野良犬の殺処分ゼロを目指している都市でも、里親にもらわれてく犬は、子犬がほとんどと・・・

犬を置いていく人だって、きっと辛くてしかたないと思うんですよ。
だって、我々が飼ってる犬を置いていくなんてできないですものね

最近は、人の子供でも、育てられなくなって困ってる人多いくらいですから・・・。

じゃー、野良犬を、私の家で面倒みますとは・・・言えないしっ

以前の私だったら、殺処分も仕方ないか・・・でしたけど、我が家に犬を連れてきて、少なくとも、我が家の犬だけはそうさせてはいけないゾと強く思いました。

Commented by しぃ at 2010-01-11 18:19 x
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

難しい問題ですね。。。
買う人がいるから、売る人も出てきてしまいます。

買うことより、飼うことをまずは考えていけるようになれば、
少しは違うんでしょうか…?
血統が良い子を欲しい、顔が可愛い子が欲しい、
体の小さい子が欲しい、人気のある犬種が欲しい、
などなど…飼い始めるきっかけには、色々な理由や発端が
あるとは思いますが、まずはショップなどに行かず
そういう施設などから、引き取ることも考えていけるように
日本人の意識も変わっていけばいいなぁ~と、思います。

また、そうなっていけるように、施設・自治体などの対応や意識も
もっと変わっていければ…と、思います。

いくら可哀想だとか思っても、何も出来ない自分が
もどかしく思います。
Commented by ムルパパ at 2010-01-11 22:52 x
◇りょうこさん
私も偶然この番組を知ったのですが
見て初めて、この問題を真剣に考えさせられた気がします
今までは知っていたけど考えて無かったのですね
個人で出来ることは限られてると思うし
番組内で紹介されたドイツの里親募集を見ると
安易にシェルターの子達を引き取るのも
良い選択だとは思えません
自分が出来ること、しなければならない事は
今現在そばにいる子を最後まで責任を持つ
という事だと思います
チャムワグ是非行ってみて下さい
オーナーは気さくでワンコ好きな方です
遊び出すと長いので時間のある時にどうぞ(笑)

◇sammyさん
ペットを飼う方が皆sammyさんのような意識の持ち主で
あればこのような問題は起こらないのでしょうが
現状は放送された通りなのでしょう
ドイツでうまくいったからその制度をそのまま
日本に持ち込むのも安易な方法だと思いますが
少しずつ日本独自の規制や常識に基づいた制度が
作られることを望んでいますし協力していきたいですね
真夜中の陳列
あれは私には虐待にしか見えません
Commented by ムルパパ at 2010-01-11 23:10 x
◇鍵コメントさん
コメントありがとうございます
いつも読んでいただいてるなんてとても嬉しいです
ご紹介いただいたブログ見てみました
私は今までこの問題について
漠然としか考えていませんでしたが
こうして実際に動いて色々な方々に呼び掛けている人も
大勢いるんだなと実感しました
今の自分に出来ることは限られていますが
出来ることを一つずつ動いてみたいと思います
今後も遊びに来てくださいね
ありがとうございました
Commented by ムルパパ at 2010-01-11 23:18 x
◇ろくのお父さん
確かに里親募集で里親が決まる子は子犬が殆ど
と言っていました
これも番組内で言っていた『日本は極端な小犬思考』の
弊害なのでしょう
このブログを通じて知り合った方達にそんな人はいないと
信じてますが、実際に大きくなったから飽きたとか
しつけが出来ないから(しないから)捨てる
なんて人達が大勢いるのでしょう
私も『じゃあ野良犬を面倒みます』なんて簡単に言えません
結局その子に愛情がもてなければお互いに幸せに
なれないんですから
私達にできる事
当たり前と言われるのでしょうが
今いる子と最後まで幸せに暮らしていくことでしょう
これを飼主全員が出来てればこんな問題ないのですから
Commented by ムルパパ at 2010-01-11 23:20 x
◇しぃちゃん
新年の挨拶二度目だよ(笑)今年も宜しくね
ホント難しい問題だね
いくら家族のように飼っていると言っても
そこに至までには売買が絡んでくるから
当然売るほうは利益を考えるし
私も血統や年齢に拘っていた訳だし
今後もそれを拘らないで犬を迎え入れられるかと言われたら
『拘らない』って声を大きく言えないしね
ただ、安易に施設から引き取ってくるのも問題があると思うし
その子に100%の愛情が注げないのなら
引き取るべきではないのでしょう
一人一人が『買う』では無く『飼う』に意識改革が出来れば
日本のペット問題も解決していくのにね
Commented by ZEPP at 2010-01-12 16:43 x
こんにちわ、真剣な問題ですね。
この番組ではなく以前にNEWS番組の中で、動物虐待なる番組がやっていまして、似たような内容を目にしました。

残酷な事柄が多々ありましたが、日本の動物に対する取り締まりが緩すぎる。のだという結論でした。

ドイツの様にできるとは、私も思えないのですが、罪の重さをもっと強化するべきかとおもいます!!

もちろんオーナーさんたちの責任化でもありますが、販売する側にも厳しい試験や資格免許などの制度にしたりと、取り組むべきだと・・・


せめて殺0へ・・・・・!!!!


【是非リンクはらせていただきます♡宜しくです(^^)/】
Commented by ムルパパ at 2010-01-13 22:18 x
◇ZEPPさん
この番組意外でもよく取り上げられてますね
それだけペットに対する意識が高まっているのでしょう
それでも世の中にはまだ物として扱っている人が
いるのも事実です
飼主にとってもペットにとっても早く住みよい
世の中になることを望んでいます
殺処分0についてもこれまで以上に考えさせられました
リンクありがとうございます
こちらでも貼らせていただきますね