<   2015年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ちょっとタイミングが悪くて、
前回の投稿が不謹慎ぽくなったので削除しました。

その理由なんですが・・・
実は今日テトに肥満細胞腫が見つかりまして、
木曜日に手術する事が決まりました。

今の状況で今回のテトの件は、飼い主の精神的にもキツく、
申し訳ありませんが暫く更新をお休みすると思います。
ムルの時に皆さんの暖かい言葉に救われましたが、
今回はコメント欄も閉鎖させていただきますね。

木曜日に切除して、それを病理検査と遺伝子検査に出して
悪性度と今後の治療方針が決まります。

悪性度が低い事を、皆さんにも願って頂けたら嬉しいです。
c0209932_21552216.jpg
テトは何事も無いかのように元気です!!
昨年亡くなられた子のブログの話なんですが・・・

むるぐではムルテトを擬人化して、写真見て
『こんな事言ってそう!?』と
私がセリフ入れたりキャラ付けしたりしてます。

そちらのブログでも、かわいくて楽しいセリフが面白かったのですが、
ある日余命数ヶ月を宣告されてしまい、闘病生活に入りました。

飼い主さんにしてみれば、計り知れない悲しみに包まれたはずなのに、
なんとその闘病生活もその子らしく、楽しい会話でブログを綴ったのです。

もちろん、そのブログをずっと読み続けてた私は
その飼い主さんがどれだけその子を愛してたかわかっています。
決して不謹慎な気持ちでそうされた訳ではありません。

それを見て私は、なんて強い方なのだろう!?
見てる人を必要以上に悲しませず、愛情溢れるその投稿に、
将来私もこんな風に綴りたい!!

・・・って思ったんですけどね、
なかなか出来ることではありませんでした。

これまでは悲しいだけの投稿でしたが、
友人達のお陰で気持ちの整理もつき始めきましたので、
少しずつですが今までのような、明るくお馬鹿な
ブログにしていきたいと思っております。

ムルがいなくなっても『むるぐ』は辞めませんよ!
テトだけになっても、やはりこのブログはムルのブログですから。
c0209932_2263127.jpg
ぶっちゃけちゃうと・・・
テトはムルのおもちゃ的ポジションを
担ってもらいたく連れて来たんですからw
ムルがいなくってすぐは悲しみに押し潰されそうでした。
テトの散歩以外で外出するのも辛いし、ブログでムルの死を
打ち明ける気にもなりませんでした。

しかし、テトの薬を貰いに行った病院で、ムルの症状を質問する為に
家族以外に初めてムルの死と、その時の状況を打ち明けたんです。

そうしたら何か気持ちがすーっと楽になった気がして・・・
その時、心の内に籠るよりも、この悲しみを友人に打ち明けて、
共有してもらった方が良いのかも?と、気付いたのです。

それからムルを可愛がってくれた人や、ムルを通じて知り合えた人に
ムルが亡くなった事を報告すると共に、今まで可愛がってくれた
感謝の言葉を電話しまくったんです!

すると悲しみの度合は変わりませんが、質が変わったとでも言うんでしょうか?
一人電話する度に少しずつ気持ちが前向きになってきたんですよ!!

そこで思いました。悲しい報告は相手も悲しい気持ちにさせてしまうけど
相手が自分と同じ事で悲しんでくれる事によって
自分の悲しみを少しだけ背負ってもらえるんだと。
何だか悲しみのお裾分け見たいですね。

これ不思議な事にメールで伝えるより、口に出して伝えた方が
気持ちの変化が大きいんです。
改めて『言葉の重み』ってやつを感じました。

そして、電話の直後に一人の友人が駆けつけてくれたんですが・・・
実際顔を見て話すと、電話の数倍も気持ちが落ち着くんです!
言葉の力、人と人との繋がりって凄いパワーを持ってるんですね!!

その後も毎日のようにムルに会いに来て下さり、
私の悲しみを一緒に背負って下さった友人達には
本当に感謝の言葉が見つかりません。
c0209932_23255392.jpg
沢山のお花もありがとうございました。
祭壇からあふれ出す程のお花、
飼い主が死んでもこんだけお花貰えるかわかりません(汗)
沢山のコメントありがとうございます。
皆さんの暖かいお言葉で、少しずつですが
気持ちの整理もついてきました。

本来ならば、お一人お一人にお返事を書きたいところなのですが
このような不躾な形で、感謝の気持ちをお伝えする事をお許し下さい。

そして今日はムルが亡くなった日に何が起こったのか?
憶測も含まれますが、その辺の事を書きたいと思います。

直接的な表現がありますので、『見たくない』と言う方は
これ以上ご覧になられるのをお控え下さい。
c0209932_20221476.jpg


ここ押してみ
昔読んだ、ある物語を思い出しています
それは悲しみを消す薬を求めるお話。



悲惨な戦争体験や愛する者の死は
人生に暗い影を落とし続ける

その悲しい記憶は脳内の
ある種のたんぱく質が原因だと考えられている

もしそのたんぱく質を取り除く薬があれば
辛い体験から悲しみを消せるんじゃないか?

ただし、都合の良いものだけ消えるかどうかは保証できない
悲しみと共に楽しかった事も全て消えるだろう

与えてもらった喜びと、それを失う悲しさは全く同じものだから
どちらかだけ残す事はできない

悲しみは消すものではなく、受け入れるものだ
心が痛くなるほどの思い出をくれて去ったものに
『ありがとう』と感謝しなさい
いずれ悲しみよりも、感謝の気持ちが大きくなるはずだから




c0209932_18215510.jpg
ムルありがとう
もう6年も前になるんですが
今でも昨日の事のように覚えています。

2度もキャンセルされ、ショップ犬になるところだった
7ヶ月のボストンテリアの女の子との出会い。

その出会いからの6年間は、それ以前の人生と
比較する事が出来ない程素晴らしいものでした。

ですが、沢山の幸せをもたらしてくれたその女の子と
突然の別れがやってこようとは・・・

もっともっと長く、一緒にいられると思ったのに
突然の、あっという間の別れに心と体がついていきません。

身体能力の高かったその女の子は
虹の橋の袂へも、誰よりも早くかっ飛んで行ってしまいました。
c0209932_15462420.jpg








ムルを愛してくださった皆様へ

2015年1月11日21時30分頃
ムルは6歳6カ月という短い生涯を閉じました。
ブログを通して数多くの方に愛され
とても幸せな6年半だったと思います。
皆様には感謝してもしきれない程の思いです。
本当にありがとうございました。







今はまだ混乱の渦中におり、詳しい御報告が出来ませんが、
いつかこの場で書ける日が来ると思いますので、もう暫くお待ち下さい。
ムルテトの夕食は大体7時頃なんですが、
六時くらいになると・・・
c0209932_23543054.jpg
上の写真のように『私達お腹すいてて可哀想なの』
アピールをこれでもかとしてきます(汗)


ムルなんか普通に涙流しやがりますからねw
c0209932_22314573.jpg
『どおせきょおも、のみにいくんでしょ?』


はい、そのとおりです(汗)
2時間ほどボールで遊んでやったら・・・
c0209932_2221897.jpg
鼻の周りが真っ赤になる位眠くなったようですw


つーか、2時間もボール投げさせんな!!
今日も約5時間の散歩した結果、こうなりましたw
c0209932_22301296.jpg

c0209932_22302868.jpg
夜の散歩は2分で終了(汗)